糖質制限ダイエットサーチmainimage

糖尿病の方のために考案された糖質制限は今ダイエットに活用されています。その効果は?

糖尿病から始まった糖質制限

糖質制限のダイエットとはつまり、糖質を制限することで血糖値を上昇させないということです。

糖質制限という考え方は、元々お薬に頼るのではなく、食事内容を工夫して糖質制限を行い血糖コントロールをするために考案されました。

糖尿病の方は血糖値をコントロールするということがとても重要になります。

血糖コントロールができずにいると、知らない間に心臓や腎臓などにも負担がかかり、合併症を引き起こす要因となるからです。

糖質を制限すると血糖値の上昇を抑制できます。

血糖値の上昇が抑制されると糖質を脂肪に変化させてしまうインスリンの分泌が少なくなり、脂肪を蓄積させない状態が作れます。

糖質を制限するということはご飯やパン、パスタなどの麺類も制限することになりますが、最初から全部抑制してしまうのは良くありませんし、糖尿病を患っている人も、炭水化物をまったく食べないということではなく、まさしく「制限」しています。

糖質制限ダイエットの方法を知らせるサイトなどでは、まったく食べない、絶対食べないと説明しているところもありますが、例えばランチは会社の同僚の方と一緒で糖質制限をするということがなかなか難しいので、定食などおかずが多めのメニューでご飯も食べる、でもご飯はお茶碗に大盛り!ではなく、少な目にして食べる、などにしていけばストレスもありません。

お弁当であれば、ご飯は半分、もしくは1/3という量にして、その分野菜サラダを別で買って食べるなどすればいいでしょう。

勿論、野菜サラダはお弁当に手を付ける前に食べてください。

※Pickupページ→「リバウンドはしません」管理栄養士が、“糖質制限ダイエット”のウワサに斬り込む!|サイゾーウーマン