糖質制限ダイエットサーチmainimage

糖質制限でなぜダイエットができるのか?そのメカニズムを知ると納得のダイエットができます。

糖質制限を行うダイエットのメカニズム

最近太らないようにするためには、食事の順番を考えるといいと聞きます。

食物繊維である野菜を先に摂取することでそのほかの栄養素の吸収を穏やかにするためです。

特に糖尿病を患っている方は、医師からおかずやご飯を食べる前に、必ず大盛りサラダを食べるようにと指示されます。

食物繊維を先に摂取しておけば、糖質などの吸収が穏やかになるうえ、脂肪の蓄積が抑制できるため、糖尿病にしても高血圧にしても、生活習慣病の予防として最適な食べ方になります。

糖質、つまり炭水化物であるごはんやパンなどを食べると健康な人でも血糖値が上昇します。

血糖値の上昇を抑えるために分泌されるのがインスリンです。

膵臓のランゲルハンス島という部分からインスリンが分泌されるのですが、このインスリン、実は肥満ホルモンとも呼ばれていて、糖質の摂取が多くなると中性脂肪に変化させるという働きを持っています。

インスリンの分泌が抑制されれば、脂肪も蓄積されにくくなるのです。

またこれにプラスして良いことがあります。

ごはんなどの炭水化物を抑制することで、通常エネルギーを利用するために糖質を利用するのですが、糖質の量が少ない、または入ってこないと、蓄積されている体脂肪をエネルギー源として利用するようになります。

余分な脂肪細胞を利用してくれるので、体内の余分な脂肪がなくなり、よりダイエットに役立つということになります。

これが糖質制限ダイエットのメカニズムです。

この糖質制限のダイエットメカニズムが理解できれば、ダイエットの法則がわかり、これならやってみようかな?と思う人が多くなるのではないでしょうか。