糖質制限ダイエットサーチmainimage

糖質制限ダイエットでNGとなる食品を知っておきましょう。中にはええこれも?と思う食品もあります。

糖質制限のダイエットを徹底する人へ

糖質制限のダイエットを行うときには、いきなり無理をしないということが条件です。

また、炭水化物はエネルギーを作り出す栄養素ですから、まったく食べないというのもどうなのかな?と疑問があります。

ただ、糖質制限のダイエットを徹底して行いたい、炭水化物系を除去した食事でもまったく問題ない、という方なら、糖質制限でNGとなる食品を理解しておきましょう。

まず、お米、小麦など穀類は糖質が高い食品です。

玄米など精製されていないものは糖質が少ないのですが、白米などはかなり糖質が高くなりますので、除去する方がいいでしょう。

絶対にお米を食べたいという方は、玄米を取り入れるなど工夫し、量を少なめにとるといいでしょう。

女性はポテトサラダなどジャガイモ系の食品が好きな人が多いのですが、イモ類も糖質が高く除去しなければならない食品です。

ジャガイモ、サトイモ、サツマイモなどはもちろんですが、知らずに食べてしまいがちなのが、ダイエットにもいいとされている春雨などでんぷんから作られている食品です。

片栗粉なども糖質が高い食品です。

また、野菜なのに糖質が多いの?とみなさん驚かれるのが、玉ねぎ、にんじん、ゴボウなどの根菜類です。

ゴボウなどは食物繊維が豊富で便秘にもいい食品なので意外ですが、糖質が多いという点ではNG食品となります。

基本的に煮込んだり炒めるなどすると甘みがぐっと出てくる食品は糖質が高いと考えておくといいでしょう。

このほか、果物、牛乳、大豆以外の豆類なども糖質が高いです。

煮豆などは甘く煮込んで作るのでより一層糖質が高くなる傾向があります。