通販カラコンと医療機器販売業許可

カラコンの通販を考えてみよう

カラコンの通販を考えてみようメインimage
カラコンを通販で購入する時には、医療機器販売業許可が必要です。その理由を紹介しておきます。

通販カラコンと医療機器販売業許可

カラコンには度入りと度無しがありますが、度入りの場合は通常のコンタクトレンズと同じ扱いになります。

度無しの場合は今までは、おしゃれ雑貨扱いでしたが、カラコンによるトラブルが続出してからは、精度が変わり全てのカラコンに対し、販売する場合は医療機器販売業許可が必要になっています。

カラコン人気は相変わらずといったところですが、今は直接店舗に行かなくてもネット通販で購入する事ができます。

ネットショップでもカラコンを販売する業者は、医療機器販売業許可が必要ですが、実際にはきちんと許可を得ずに営業しているところもあります。

医療機器販売業許可の有無で何が違うかというと、安全性です。

きちんと許可を得て営業している業者は、安全性にも配慮しているため、購入時の条件などもあり安心です。

医療機器販売業許可を得ずに営業しているところの場合は、購入にもあまり条件を設けず誰でも気軽に買えるのは便利で良い事に思えますが、カラコンは直接目に装着するものですから、安全性が保証されていないものは危険です。

あくまでも自己責任になりますが、安いからとか、簡単に購入できるからという理由で安易に購入してしまうと、後で目のトラブルが起きた場合、保証がないため全て自分が悪くなってしまう可能性もあります。

面倒でも通販でカラコンを購入する時は、医療機器販売業許可のあるショップを選び、医師の診察や処方箋をもらっておくようにしましょう。

安全に使うためにも大切な事です。

PICKUP記事

SIDE MENU


Copyright カラコンの通販を考えてみよう. All Rights Reserved.